目次

スポンサーサイト

野菜よりは肉を好む

野菜よりは肉を好む 近年、わきがで悩む人は益々増える一方です。これは食生活の変動が大きく関わっているといえます。昔の日本人はいたって淡白な食事生活を営む農耕民族で、穀物や野菜を主食にしてました。

タンパク質は魚や豆類から摂取していた、元々、体臭の少ない民族なのです。

それが高度経済成長とともに欧米型食文化が根づいてきました。肉や乳製品が主の食事は高カロリー、高脂肪です。このような食生活は摂取するカロリーがオーバーしがちで、余計なカロリーを皮下脂肪に蓄えられます。

ページのトップへ▼

肉好きな場合

皮下脂肪はアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激し、働きを活発化させてしまうのです。そしてその逆に緑黄色野菜に含まれるビタミンAは皮膚の新陳代謝をうながしたり、肌の抵抗力を高めて細菌の繁殖を防ぎます。

胚芽やゴマに含まれているビタミンEは、わきが臭のもとである過酸化脂肪の発生を抑えるとされていますので、積極的に摂取したいです。

ですから野菜はあまり食べず、肉食の人、またはチーズやバターなどの乳製品やそれらを使ったケーキ類などを好んで食べる人にはわきが、多汗症の危険度が高まります。

ページのトップへ▼

肉食の民族

肉食の民族欧米人の体臭の強さは食事生活の歴史までも関与していたというわけです。その人々のような狩猟民族だ肉食の民族はアポクリン汗腺の退化の早さが遅かったのではないかといわれています。

実は生まれたばかりの赤ちゃんには人種を問わず、アポクリン汗腺が体全体にあります。しかし性ホルモンが発達していないのでそれが臭うことはありません。

そしてそのアポクリン汗腺は思春期を迎えるころまでに少しづつ退化し、特定の場所にしか残らないのです。この退化の様子に、食生活が関係しているのです。


ページのトップへ▼

どちらかというと脂っこい食べ物が好き

これも肉食の生活と並べて気をつけたい事項です。揚げ物のような脂っぽい食事にも注意が必要です。近頃は手軽なファーストフードやコンビ二のお弁当などで食事をすませてしまう人が多くいます。しかしこれらの食べ物には揚げ物が多くあり、野菜も不足しがちです。

また、若い年代の中には食事代わりにスナック菓子を食べることもあるようです。この脂もいけません。このような栄養のバランスの悪さも、余計な分泌物の増長につながり、ひいてはわきが臭発生の原因になるのです。

ページのトップへ▼

お酒、タバコが好き

お酒、タバコが好きお酒やタバコのような刺激物は汗腺の活動をうながします。つまりお酒を飲めばそれだけ発汗状態があり、それは臭いの要因になりかねないのです。

同様に唐辛子をはじめとする香辛料には発汗作用を持つものが多くあり、ほんの少し食べただけでも発汗状態を促進します。これを「味覚的発刊」といいます。

日本の食文化は多国化し、また、最近の韓国ブームなどで、辛いものを好んで食べる人もたくさいいるようです。ですがこれのは要注意です。香辛料のきいたエスニック料理などは、汗と臭いのことを考えれば、あまりお勧めでしません。

ページのトップへ▼

スポンサーサイト