目次

スポンサーサイト

今まで聞けなかったこと

今まで医師といえば「お医者様」といった感じで、患者さんが自分で医師を選ぶことはできず、ただ黙っていうことを聞いているしかなかったような印象が強かったと思います。しかし、近年、その傾向は改善されてきました。患者さんは疑問に思うことを医師になんでも尋ねることができます。

実際の執刀医は誰なのか、執刀医の手術経験、その際、何人の補助がつくのか・・・などなどです。「そんなことを聞いては失礼では?」と思われる方もいるかと思いますが、そんなことは決してありません。手術の経験値を問われ、答えられないようならば、その程度の医師だということです。

ページのトップへ▼

セカンドオピニオンの意味

近年、セカンドオピニオンという言葉もよく耳にしています。これは一人の医師の診断では「本当にそうなのか?」と不安に思ったり、納得できない時に、他の医師の意見を聞くことです。

古い日本人の考え方としては「そんなことをしていては、診ていただいている先生に失礼だ」とか「他の医師に診てもらったとわかれば信じてないと思われて、意地悪される」などと思いがちです。しかし、考えてみてください。自分の技術や診断に自信を持っている医師が、患者さんがセカンドオピニオンを求めたと知って、嫌な感じを受けるでしょうか?答えは「ノー」です。

なぜなら正しい判断と高度な技術を持った優れた医師は、患者さんが自分のところに戻ってくることを知っているからです。セカンドオピニオンを受けたからといって態度をかえるような医師はこっちからごめんこうむりたいものです。

ページのトップへ▼

費用の提示

さて、カウンセリングを受け、医師とのコミュニケーションもうまく取れ、手術を受けようかという気になってきました。つぎに心配になって来るのは費用です。美容外科は保険がきかない「自由診療」ですから、その価格の設定は実にさまざまです。

手術方法や医師の技術、クリニックの方針などで違いが出てくるわけで、「高いから良い」、「安いからダメ」というわけではないということは先ほどお話しました。患者さんが納得すれば、それが適正料金なのです。料金体系も一律いくら、のところもあれば、症状にあわせて段階的にというところもあり、どちらが良いとは一概にはいえないわけです。


ページのトップへ▼

アフターケアの確認

アフターケアについても事前にしっかりと確認しておくことが必要です。わきが、多汗症の手術は命にかかわるものではありませんが、手術は手術なのです。予測できない万一の事態も起こりえます。

そんなとき、どのような対応を取ってくれるのか、そのとき費用はどうなるにか、こうした点についてもカウンセリングの際にしっかり確認しておくべきでしょう。

曖昧な返事しかもらえないようなクリニックは失格です。医師は手術そのものにも、その後の経過にも責任を持たなければなりません。

ページのトップへ▼

クリニックの選択

いつでも迅速で的確な処置ができるクリニックを選択しましょう。どんな手術にも100パーセントということはありません「100パーセント大丈夫」という言葉を聞いたら100パーセントいい加減なクリニックに間違いありません。

以上のことを踏まえた上で、星の数ほどあるクリニックからあなたにあったクリニックを見つけ出してください。

わきが、多汗症は今すぐ手術しないと死んでしまうような病気ではないのですから、自分自身が納得することが、治療の始まりといえるのです。

ページのトップへ▼

スポンサーサイト