目次

スポンサーサイト

多汗について

多汗についてあまり神経質に、「汗のためにやめよう」と好むものをすべて排除してゆくのは、生活の楽しみが減り、それ自体が精神的ストレスにつながります。

ですからどのようでも「ほどほどに」というのが大切です。ただし例外的に自己暗示にかかりやすい人は汗の要因になるものを一つ一つ排除してゆく達成感から、多汗が減るということも有るようですので、人は奥の深い面白い生き物であるといえるでしょう。

足の裏にはエクリン汗腺が多く存在し、その結果、多く汗をかきます。


ページのトップへ▼

脱いだ靴下や靴が臭い場合

またサラリーマンなどは、長時間にわたり、通気の悪い革靴を履いて生活しています。そのためその中はムレやすく、雑菌が繁殖し、臭いを発生しやすい状態にあるといえます。

ですから足が臭う、靴が臭いからといって、とても神経質になることはありません。ただ足の裏は多汗症の症状が出やすい部分です。

あまりにも多量の汗をかくようならば多汗症の疑いがあるので注意したいです。汗とわきがの関わりはだいぶわかってきていただけたかと思います。

ページのトップへ▼

汗っかきである

汗っかきである欧米汗っかきと多汗症は違います。ただし、汗っかきの人々はエクリン汗が、アポクリン汗腺から分泌されたアポクリン汗を多くに広めてしまうので、わきが臭を増長させる危険性はもっています。

しかしアポクリン汗腺が発達していない状態ならば、少し汗をかいてもなんの心配もないわけです。

むしろ汗を多くかく人々はクーラーやエアコンの普及によって汗をかくのが下手になった現代人の中で、発汗し熱を発散させ、体温の上昇を防ぐ、燃焼型発汗がシッカリできるということで、喜ばしいことであります。


ページのトップへ▼

緊張や興奮により汗ばむ。

気温が高いときや、食事をしたとき以外にも人間は汗をかきます。精神的な緊張を受けたり興奮したときにも汗はでるものです。これ自体はごく普通の状態で、誰しも「冷や汗をかいた」とか「手に汗にぎる」というように当たり前の反応なのです。

しかし、汗が出ることを気にすれば気にするほど、汗がとても多く流れてくる・・・。そんな症状であれば、やはり多汗症の疑いが出てきます。

多汗症の人々は服がとても濡れるほどの汗をかきます。多汗症はわきの下部に多いですが、近頃では、手のひらに多汗症の症状を持つ人々も増え続けてきました。

ページのトップへ▼

汗ばみやすい人

汗ばみやすい人欧米それは現代人の生活の中に、手をつないだり、握手をしたりするスキンシップが多く増えて、「汗をかかないように」と思う気持ちが無意識に手のひらに神経を集中させ、それが逆効果となって汗をかいてしまうのです。

わきがと多汗症は別のものですが、同時にこの二つの症状を持っているわきが型多汗症の人々が多く見られます。緊張したり興奮した時かく汗が常にでないと感じたら、医師の診断を受けてください。

「わきがかしら?」と潔癖なまでに気にすることが症状を悪くすることもあるのです。ストレスを抱えこまないように、自分自身らしく、堂々と生きることが解決への第一歩かもしれません。

ページのトップへ▼

スポンサーサイト