目次

スポンサーサイト

せん除法

わき毛の部分を全体的に切除するのではなく、わきのシワにそって、四、五センチの切り込みを数本入れ、切り口と切り口の間の皮膚をひっくり返して、アポクリン汗腺を目で確かめながら切り取っていく手術です。

この手段では縫合の際のつっぱりや、ひきつれは防げますが、やはりどうしても大きな傷跡が、数本残ってしまいます。わき全体に分布しているアポクリン汗腺を十分に切除するには大きく切らなければなりませんから、出血のリスクによる血腫を伴います。


ページのトップへ▼

手術法

しかも指で皮膚をめくったまま、アポクリン汗腺を一本一本切り取る作業は、熟練の技術と長時間に及ぶため、費用もたくさんかかります。この手術法の忘れてはならないもう一つの問題点は、わきが治療には効果的だすが、多汗症を治すのは難しい、ということです。

わきが体質の人は同様に多汗症を患っている場合が多いのですが、多汗症に関わりを持つエクリン汗腺は、アポクリン汗腺よりも皮膚の浅い真皮の部分にあります。


ページのトップへ▼

そうは法

皮膚をメスで切る手術法では傷跡が残る、治癒するまでに時間がかかる、という難点がありました。「だったらたくさん切らなければ?」という思考のもとに開発されたのが、この皮下組織そうは法です。

わきの下部に数センチの小さな切り込みを入れ、「キューレット」というスプーン状の器具を入れて、皮膚の裏側を削り、汗腺類をそうき出すという手段です。この手段は皮膚を切り取ったり、大きくメスで切らないですみ、目立つ傷跡が残らないという点では画期的でした。

皮下組織そうは法
しかし小さな穴から手探りで汗腺類をそうき取るために、汗腺類をしっかり取ろうとすると、周辺組織を傷つけ、内出血してしまう可能性が高く危険です。そしてそれを避けようとすれば、汗腺類が十分に取れず、期待したほどの効果が得られないということになってしまいます。ですからキューレットの刃の切れ具合の調整や、力の入れ方など、最高に難しい手術といえます。また、スプーン状の大きな器具で皮膚を剥離するので、手術後皮膚がつきづらく、回復までに時間がかかる難点があります。

ページのトップへ▼

削除法

そうは法のキューレットのかわりに専門の器具を用いた手術法です。この器具はハサミのような形をしており、一方の刃の部分に皮下組織をそうき取る鋭い刃が、もう一方にローラーが取れつけてあります。

わきの下部の皮膚を一センチほど切開し、刃のついた部分を皮膚下に差し込みます。

そして皮膚をハサミで挟みこむように、ローラー部位を皮膚表面にあて、刃で裏側の汗腺類を均一に削ぎ取る、という手段です。これですとそうは法のように、いちいち力加減を調整しなくてもすみませので、かなり確実に、皮膚を薄く残して皮脂類をそうき取ることが可能になりました。


ページのトップへ▼

皮下組織削除法

アポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺までも取り除くことができるのです。しかしこの手段では、器具の挿入口から、器具の及ぶ範囲にしか施術することができないので、皮膚に数箇所の切り口を開けることが必要です。

また、広範囲にわたって皮膚を薄く削り取ってしまうために、皮膚表面に黒ずみが残りやすいという問題もあります。複雑な器具を使用するため、医者には熟練が必要で、未熟な技術だとやはり皮膚に穴を開けてしまうことがあります。

ページのトップへ▼

吸引法

皮下組織除法で使用するような難しい器具を使わずに、かつ、間違いなく行われている手術はないか、という見地から開発されたのが吸引法です。

美容外科の「脂肪吸引」の技術をわきが、多汗症の手術に応用したものです。わきに直径数ミリの小さな穴を開け、そこから「カニューレ」と呼ばれる細い管を差し込んで、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を吸い出す手段です。

 

ページのトップへ▼

スポンサーサイト