目次

スポンサーサイト

吸引法について

吸引法について細い管を挿入するだけで、皮膚を切開しませんので傷跡の心配がありません。体への負担が軽く、皮膚が元に戻るのも早いのです。

そしてなにより術後の入院の必要がありません。したがって日常生活への影響もほとんどなく、皮膚もとても綺麗な状態を保つことができるので、現在では多くの病院で使われている手段です。

しかしこの吸引法では繊維組織にきちっと基づいた汗腺類を完全に取り除くのは難しく、十分な治療結果があげられない場合が多く、「手術をしたのに臭いが残る」といったことが多いようです。


ページのトップへ▼

超音波法

超音波法吸引法に取り残しが生じるなら、もっと強力にしよう、という思考から、吸引法に超音波の持つ破壊力を付け加えた手段です。

わきに直径数ミリの小さな穴を開け、超音波発生器を差し込んでアポクリン汗腺、皮脂腺を手作業でそうき取るのではなく、超音波の振動エネルギーで破壊し、吸引するという手術方法です。

吸引法と同じように傷跡の心配はほとんどありません。また発生させる超音波の周波数や出力を調整することで、大切な神経や血管を傷つけることなく、破壊すべき汗腺類だけを識別して、粉砕することができます。

「超音波法の使用」
出血も少なく、手術後の血腫形成や、皮膚の壊死の心配はほとんどありません。ですから体へのストレスも少ないといえます。通院や入院の必要もなく、手術時間も三〇分前後と短くてすみます。ただ、広い範囲に及ぶわきが臭の場合、取り残しが生じる場合があります。また、超音波による、ヤケド、組織内水腫などのトラブルも多数報告されています。これは不適当な出力や周波数の超音波を長時間にわたり組織にあてていると起こるものです。

ページのトップへ▼

PMR法

PMR法PMR法は吸引法を応用した手術法です。わきに数ミリの穴をあけ、まず始めに吸引法の要領で汗腺組織を吸い出します。

しかしこれだけでは今までの吸引法のように取り残しが起こってしまいますので、次に特殊な四ミリの程度のカニューレを皮下に挿入します。

これだえ細部までの汗腺組織を取り除いていくのです。このカニューレの先は電気髪剃りの要領に似た仕組みになっており、汗腺類を取り除く際、皮膚組織を傷つけることなく出血を最小限に抑制される仕組みになっています。


ページのトップへ▼

マイクロレーザー法

マイクロレーザー法レーザーを直接照射してアポクリン汗腺、エクリン汗腺を燃焼させ、取り除く手段です。メスで切らずに、直径1ミリの注射針状のヤグレーザーと呼ばれるレーザーの先端を毛根部に差し込んで、汗腺を直接照射すおで、傷跡が残る心配はありません。

手術時間は両わきで約二〇分と短く、その後、一二時間ほどわきを固定します。翌日からは入浴もでき、支障なく日常生活に復帰できます。腫れも二四時間ほどで完治します。

また、レーザー先端を差し込む際の痛みは、麻酔を使用して抑制できるので、無痛治療が可能です。


「手術法」

しかし、この方法はヤケドの心配があり、また、一回で効果を得るには不十分であるようです。他の方法との併用が必要となりますので、皮膚組織に更に負担をかけることになります。この方法はあまりお勧めできません。現在では色々な病院でそれぞれ種類の手段が行われています。それらはすべて、前記の手術法を改良したり、組みあわせたりしたものであるといえます。

ページのトップへ▼

スポンサーサイト