目次

スポンサーサイト

食事療法

070303-14.jpg 重複していいますが、一番に注意したいのは脂肪分です。適切な量と脂肪はホルモンを作る材料になるなど、なくてはならないものですが、摂りすぎはいけません。

肉類や卵、バター、チーズなどの乳製品の過剰摂取は禁物なのです。高カロリー、高脂肪の食事は脂肪分を皮下脂肪に貯蓄し、それにより、肥満になり、汗腺類を刺激するのです。

摂りすぎた栄養は九キロカロリーで約一グラムの脂肪にかわります。それがすべて貯蓄されているのです。


ページのトップへ▼

和食

わきが予防の食事とは油が少なく、ビタミンの豊富な野菜や魚、海草などがメインの和食です。納豆、味噌汁、豆腐などの大豆食品は畑の牛肉といわれ、良質のタンパク質がとても豊富に含まれています。

日本人はもう一度そのような和食の良さを見直すべきでしょう。近頃、欧米でも空前の和食ブームが続いています。それはわきが予防の見地からだけではなく、健康に良い食事、美容のための食事として注目を集めているからです。

肥満や高血圧、高脂血症、心臓病などの成人病の予防にも理想的な食事、それが和食なのです。

ページのトップへ▼

低カロリーの食事を

通常の食事にほんの少し変化を与えることによって、わきが臭を軽減することができます。それは簡単なようであるが、食生活をかえていくということは、ダイエットと同様に、根気の必要なものです。

毎日の積み重ねで少しずつ改善されてゆくものなので、焦らずに続けることが大切です。

食事療法がわきが対策に効果があるからといって、「もう脂肪分は食べない!」などといった、偏食は逆効果になる危険性があるので気を付けましょう。


ページのトップへ▼

ストレスの改善

070303-15.jpg女性の社会進出が進み、男性と同様に仕事で外出することが多くなりました。そのような働く女性や学生に、わきがで悩む人がたくさんいるようです。それはいわゆるストレスが要因であるといえます。

電車の中でも会社でも常時神経を使う状態になると精神は緊張状態が続き、発汗をうながすようになるのです。現代の時代にストレスを持っていない人はいないといわれています。

なので、そのストレスをためないことが大切になってくるのです。日常の生活でストレスを感じない時間を作るようにしましょう。自分の居心地の良い場所で心身ともにリラックスすることです。

ページのトップへ▼

ストレス発散

スポーツでも趣味でも、何でも良いので大好きなことに専念し、ストレスを発散させましょう。エステやスパ、マッサージなどに通うのもよいでしょう。最近ではアロマやマッサージを一緒にしたリラクゼーションを提供する場所も増加しています。

また、気軽に家のお風呂でのんびりと入浴するのも効果が発揮されます。入浴しながら発汗させ、最後に冷水で毛穴を引き締めればわきが対策としても有効です。多汗の人には努力家で生真面目、負けず嫌いで恥ずかしがり屋の人々が多い傾向があります。

ストレスのを溜めない


このような人格の人は社会生活で人一倍気を使い、そのストレスを内部に溜め込みやすいのです。「汗をかくのではないか?」と意識すれば意識するほど、それがストレスなり汗腺類を刺激し、わきがの症状を悪化させるのです。医者に行くのが迷っている人も、簡単なカウンセリングなどを受けるのも一手段だと思います。どのような病気でも素人療法は良くない結果を生むことが多いです。

ページのトップへ▼

スポンサーサイト