流産の基礎知識 症状と原因について


HOME > 流産について詳しく知る

化学的流産とは

毎月 生理が来るたび、痛くて、痛くてベットから立ち上がることすらできなかった OLが、「ある法則」を知っただけであの悲惨な痛みから解放されたんです。詳細はこちら↓

詳細

化学的流産とは

科学的流産とは、妊娠検査薬で妊娠反応が陽性と出ますが、エコーでの胎嚢や胎児が確認されないうちに出血がはじまり、流産してしまう事をいいます。

妊娠を意識している人であれば、妊娠反応がある事に気付きますが、意識していない人は、生理が遅れているなと思っていたら、いつもより少し痛い生理になるような感覚でしょう。科学的流産は、腹痛や子宮口開大などの流産兆候を伴う事もありません。人によっては血の塊が出てくる場合もあります。

このような流産は、本人が気付かないまま流産している事が多いので、通常は流産の回数に入れないそうです。妊娠しかかっていた事に間違いはありません。そして、流産してしまったと重く感か得ずに、次の妊娠に向け、前向きに考える事をお勧めします。

このページのトップへ

化学的流産 原因と症状

化学流産の原因は、さまざまではっきりとは分かっていません。化学流産は、病院でのエコー映像にも映る事無く、また本人が自覚する事や、気づかないうちに流産してしまう事がほとんどなので、原因を特定する事や、原因を探す事が困難とされています。

初期の流産の原因は、染色体異常や、着床障害等が多くの原因となります。症状としては、妊娠を意識している人であれば、市販の妊娠検査薬で妊娠反応が出る事はでますが、病院でのエコー検査での判断ができず、そのまま生理とおなじように出血が始まり、内容物が出てしまうと言う事がほとんどです。

また、妊娠を意識していない人は、まったく妊娠していた事に気付かないまま出血してしまう事がほとんどです。

このページのトップへ

化学的流産 治療方法

化学流産の処置、治療としては、まったく手術をしない事が多いです。それは、妊娠初期のさらに初期に流産してしまう事から、映像にも映ることもありませんし、特定する事ができないからです。

出血が始まってしまうと、そのまま経過を見るしかないのです。殆どの人が妊娠している事に気付かず、そのまま流産してしまう事が多いのが化学流産です。通常の生理とあまり変わりませんが、普段より少し腹痛が強い時や、血の塊が出る場合があります。

腹痛が強い場合は、通常の生理痛止めの薬を飲む程度となります。しかし、まれに内容物が残ってしまうことがあり、掻爬手術が行われる場合がありますが、それは本当に少数です。妊娠している事に気付かないままの人もいるぐらいですので、本当の初期の流産となります。

このページのトップへ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転用・転載・公衆送信などを禁じます。
Copyright(C) 2010 医療・健康情報サイト.All rights reserved.