トシをとると水虫ふう症状も出る

水虫歴が長く年齢も高くなると角化型が増えてきます。カカトなど皮膚の厚い部分の水虫なので痒みも少なく、自覚症状の少ないのが特徴です。その代わりボロボロと皮膚が剥がれおちます。周囲には迷惑です。と同時に、水虫でなくても高齢者になってくると、だんだん足の皮が厚く硬くなり、ひび割れたり白っぽく乾燥して剥けたりすることもあります。

また水虫ほど痒くはないものの見かけはそっくりの掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)にもかかやすくなってきます。というわけで、年齢が高くなるにつれて水虫かどうかの判断が難しくなります。神経質になる必要もないでしょうが、たかをくくって放置するのも問題。気になる症状があったら、たまには皮膚科へ行って診断してもらいたいものです。