レーシックHOME > レーシックの目の検査

レーシックの目の検査

レーシックの手術の前には、手術に適応できるかどうかを判断するためにさまざまな検査をしなくてはいけません。

なかには手の込んだ検査もあり少し時間はかかりますが、細かい検査をすることによって、より精度の高い効果が期待できるのです。

目の構造

サンプルイメージ

角膜の検査

角膜の検査では、角膜の形状・屈折率などの検査が必要となります。

角膜の厚みを正確に計測し、撮影します。この検査はレーシックの手術が受けられるかどうかの大切な検査ですが、角膜のカーブが極端に平坦な場合やカーブが強すぎる場合、また角膜の厚みが十分でない人は手術が受けられないことがあります。

角膜の検査

角膜の検査では、角膜の形状・屈折率などの検査が必要となります。角膜の厚みを正確に計測し、撮影します。

この検査はレーシックの手術が受けられるかどうかの大切な検査ですが、角膜のカーブが極端に平坦な場合やカーブが強すぎる場合、また角膜の厚みが十分でない人は手術が受けられないことがあります。

眼底検査

眼底検査では、瞳孔が開いた状態で眼底を撮影し、網膜に異常がないかを調べます。

この検査には、瞳孔を開く作用がある目薬を使用して行います。万が一網膜に穴があいていたり、厚みが薄い部分がある時には治療を優先させます。

裸眼・矯正の視力検査

視力検査では、裸眼視力・矯正視力を測定すると共に近視や乱視などの屈折異常の度数なども測定します。

この度数を元にレーシック手術のレーザーの照射量が決定するのです。左右それぞれどの程度レーザーを当てるのかの判断材料となるので、とても大切な検査となります。

眼圧測定検査

この眼圧測定検査では、眼球に風を当て眼圧が正常かどうかを見ます。

眼圧が異常に高い場合には緑内障などの疑いがあります。

レーシックの手術ではフラップ部分を作成するときに一時的に眼圧が上がってしまうため、緑内障と判断されると手術を受けることができなくなります。

その他の検査

その他にも角膜内皮細胞を撮影することで眼球の健康状態を見たり、涙液検査で涙の量を検査したり、手術を執刀する医師の問診などを行います。現在は、技術も進歩しておりほとんどの検査が機械の前にいるだけで終了します。

また、目はその日の状態によっても変化するため、数日にわたって行われることもあります。いずれにしても、リラックスした状態で検査を受けるようにしましょう。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.