レーシックHOME > レーシックの種類

レーシックの種類

実はレーシックにはいろいろな種類のものが存在します。

それぞれの特徴について知ることによって一番自分に合ったレーシックを選ぶことが大切です。では、ひとつずつ見ていきましょう。

目の構造

サンプルイメージ

レーシック

一般的にこのレーシックというのはマイクロケラトームというカンナのような器具を使った治療法です。

角膜の表面を薄く剥がし、角膜実質層と呼ばれる部分にエキシマレーザーを当て、曲率を調整することで視力の回復が見込めます。

痛みがなく、視力の回復が早いといった特徴が挙げられます。

エピレーシック

エピレーシックは、エピケラトームという機械を使用することで通常のレーシックよりも角膜の表面を薄く削ることができます。

レーシックでは薄く剥がした角膜がくっつくのを待つのですが、このエピレーシックでは角膜上皮は自然に剥がれおちます。

削る部分はとても薄いため、激しい運動をする人や、角膜の薄い人でも手術を受けることが可能となります。

しかし、角膜が剥がれおち再生するまでに1週間程度時間がかかるため、治療用のコンタクトレンズを使用しなければいけません。

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントアナライザーという装置を用いて行うレーシックのことです。

このウェーブフロントアナライザーは近視・遠視・乱視などの角膜の形状を解析し、その情報をもとに角膜の調整を行うもので、一般のレーシックと比べてより精度の高い手術ができます。

また、乱視の矯正が可能となることや、副作用が出にくいといった特徴が挙げられます。

イントラレーシック

イントラレーシックとは、近年最も普及してきているレーシックで、イントラレースというレーザーを用いてコンピューター制御によって角膜を削るため、手術を行う医師の技術に左右されることがありません。

一般的なレーシックと比べてより安全で精度の高い手術ができ、視力の回復率も高いといわれています。

ラセック

ラセックは基本的にはエピレーシックと似ているのですが、エピケラトームという機械を使用せずに、角膜をアルコールに浸して柔らかくなった角膜上皮をめくってレーザーを照射するという点が大きく異なります。

ラセックはエピレーシックと同様に、激しいスポーツをする人や角膜が薄い人に向いており、通常のレーシックでは問題視されている削った部分がずれる心配がありません。

また、エピレーシック同様角膜上皮が剥がれおち再生するまでに数日から1週間程度かかり、角膜再生中には痛みや眩しくて目が開けられないといった症状が出ることがあります。

手術にかかる費用

レーシックにかかる費用は、健康保険の対象とはなりませんので全額自己負担となってしまいます。また、手術を受ける病院によっても金額の設定は大きく異なり、費用に数十万円の開きがあります。

一般的なレーシックでは平均的な金額が片眼20万円前後、両眼で40万円前後となっています。

病院を選ぶうえで費用が高いか安いかは大きな要素にはなりますが、多少高くても信頼できる医師であるか、実績はどうか、アフターケアはしっかりしているかなど、自分で納得できる病院をしっかり選ぶことが大切です。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.