レーシックHOME > レーシックって安全なの?

レーシックって安全なの?

手術を受ける上で、安全性や成功率はどうなっているのか、気になる人も多いでしょう。

レーシックは視力回復手術のなかでも一番症例が多く、安全であるといわれています。

もちろん100%成功する手術なんて存在しませんが、現在のところ全世界で見てもレーシックのために失明してしまうなどの報告はありません。

目の構造

サンプルイメージ

レーシックに年齢制限はあるの?

レーシック手術はだれでも受けることができるのでしょうか?

残念ながら手術後にも屈折異常が進行してしまう恐れがあるため、成長段階の未成年者はこのレーシックを受けることができません。

成長期が終わってある程度屈折異常の進行が収まってから手術を行います。

また、60歳以上の人も不向きとされていますが、病院の判断によりレーシックを受けることができるケースもあります。老眼はレーシックでは治すことはできません。

レーシックに向かない人

レーシックは誰でもが手術を受けられるというものではありません。実際に眼科で適合検査をしますが、リスクが高い場合や視力回復の効果が見込めない場合には手術が受けられないことがあります。

主な要因としては次のものが挙げられます。

・重度のドライアイ・角膜に異常がある人
・白内障・緑内障などの眼病にかかっている人
・糖尿病・膠原病などの病気にかかっている人
・格闘家やパイロットなど職務に支障をきたす場合
・妊娠中・授乳中の人

などです。

しかし、症状によってはレーシックを受けることができる場合もありますので、担当の眼科医に相談しましょう。

レーシックの現状

日本では2000年に厚生労働省が認可して以来、スポーツ選手を始めレーシックを受ける人は増え続けています。

しかし、まだ日本では「手術は最終手段」という考えが強いことと、レーシックを受けるための費用は保険が適用されず高額となっているために、レーシックに踏み切れないという人がいるのも事実です。

また、人によってはレーシックを受けてから時間がたつと角膜の回復により視力が元に戻ってしまう人もいるようです。

レーシックの安全性

世界で最も厳しい基準を持つといわれている機関「FDA」(米国食品医薬品局)でエキシマレーザーを用いた視力矯正の手術を認可しており、その後日本の厚生労働省においても安全性が確認されています。

また、レーシックを受ける上で一番心配なのは、レーシックで失明する危険性があるかどうかですが、レーシックというのは角膜の表面に行うものですので失明することはありません。

しかし、安心して手術に臨めるように、リスクや合併症などは知っておく方が良いですし、心配なことがあれば担当の眼科医に相談することが大切です。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.