レーシックHOME > レーシックの基礎知識

レーシックの基礎知識

近年レーシックという言葉をよく耳にするようになりました。レーシックは視力回復法の一つで、このレーシックを受ける人はどんどん増えているといわれています。

では、一体レーシックというのはどんなものなのか、まずはレーシックについてご説明しましょう。

目の構造

レーシックとは

レーシックとは視力回復法の一つで、レーザーを使って視力を回復させるというものです。

近視や遠視というのは、角膜の屈折異常が原因だといわれていますが、その角膜にレーザーを当てて屈折を修正することによって視力を回復させることができるのです。

当たり前ですが、このレーシックを行ったあとには裸眼の視力自体が回復しているので、眼鏡やコンタクトでの矯正は必要なくなります。

レーシックの歴史

レーシックは1990年頃ギリシャで開発され、初めて手術が行われました。それ以来アメリカをはじめとして全世界に広がり、現在では毎年150万人がこのレーシックを受けているといわれています。

日本でも2000年に厚生労働省がエキシマレーザーを認可したのをきっかけに、レーシックが急速に普及してきています。とくに眼鏡やコンタクトレンズが邪魔になるといわれるプロスポーツ選手にも、レーシックを受けている人は多くみられます。

レーシックでどう変わる?

レーシックを受けるとどう変わるのでしょうか?せっかく手術を受けるのであれば、それなりの効果を期待してしまうのも当然ですよね。

視力の回復は人それぞれですが、なかには0.1以下の視力だった人が1.5〜2.0にまで回復した例も少なくありません。眼鏡やコンタクトレンズなども必要がなくなりますし、裸眼だと見たいものが見えないといったストレスからも解放されるのです!

エキシマレーザーとは?

現在行われているレーシックのほとんどがこのエキシマレーザーを用いたものですが、熱を使わずに角膜の組織を取り除き形状を整えることができるもので、コンピューターと連動させると数千分の1mmという精密な手術ができます。

2000年に厚生労働省が正式に認可したことで、レーシックの手術における安全性が認められました。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.