レーシックHOME > 身近な目の病気

身近な目の病気

普段私たちが見ているものは、網膜や水晶体を通って映像となり、脳へ送られます。普通に見えている状態を正視といい、網膜上できちんとピントが合っています。

しかし、網膜上でピントが合わなくなることがあり、その状態を屈折異常といいます。屈折異常には様々な種類がありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

正視

近視とは

近視は屈折異常のなかでも1番多く、元の状態には戻らない真性近視と一時的に急に視力が落ちる仮性近視とがあります。

近視は網膜よりも前で焦点を結んでしまうため、近いものはハッキリと見えるのですが、遠いものはぼやけて見えてしまいます。

近視は一般的には幼年期から起こりはじめ、10〜20代で進行が止まりますが、パソコンやテレビゲームなどの普及で現在日本人の約3分の1が近視であるといわれています。

遠視とは

遠視は、近視とは逆に網膜よりも後ろで焦点が合うために、遠くのものが見えやすいのですが近くのものがぼやけて見えにくくなります。

遠視は近くのものを見るときにも遠くのものを見るときにもピントの調節が必要なので目が疲れやすく、肩こりや眼精疲労になりやすいとされる屈折異常です。

近視とは違って眼科検診などでも発見されにくく、自覚症状があまりありません。

乱視とは

乱視は、はっきりと見える方向とぼやけて見える方向とがある症状で、目の中で焦点が合わない状態のことをいいます。

乱視と書くために乱れて見えたり二重に見えたりするのではないかと間違われやすいのですがそうではありません。

目の方向によって屈折率が違うというのは、眼球が正確な球状でないことを意味するものですが、決して異常なことではなくほとんどの人が乱視を持っているといわれています。

老眼とは

老眼は、矯正に凸レンズを使用するため遠視と混同されて考えられがちですが、老化のために水晶体の弾力性が弱まることにより網膜上で焦点が合わなくなる症状をいいます。

この老眼は早い人で40代から症状が出始め、近くのものがぼやけて見えるのが特徴です。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.