レーシックHOME > 他の視力回復法

他の視力回復法

現在レーシックのほかにもさまざまな視力の回復法があります。レーシックのように手術が必要なものから、

目の構造

サンプルイメージ

視力回復トレーニング

水晶体の調節を行っている毛様体筋を鍛えることによって、視力を取り戻すもので、レーシックには不向きな人や未成年者などに向いています。

このトレーニングは仮性近視に有効ですが、乱視や軸性近視には効果がありません。

また、視力低下の原因が屈折異常ではなく眼疾患である時には、このトレーニングは逆効果になることがあるので注意が必要です。

眼内コンタクト

眼内コンタクトには2つの方法があり、眼球内の虹彩と水晶体の間に人工レンズを埋め込むICL(アイ・シー・エル)と、角膜と虹彩の間に人工レンズを埋め込むフェイキックIOL(フェイキックアイ・オー・エル)とがあります。

いずれも矯正効果は高く、重度の近視でも回復が可能です。

しかし、合併症のリスクが高くなることと、視力が変わった時に人工レンズを取り除くか、取り換えをする必要がある点がデメリットとなります。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、超高酸素透過性ハードコンタクトレンズを就寝時に装着するだけで、朝起きた時にはある程度視力が回復しているというものです。

寝ている間に近視の角膜形状を正常に戻す働きがあります。朝起きて視力が回復していたら、日中は裸眼で過ごすことができます。

デメリットとしては、定期的に使用しないと効果が続かないため使用し続けなければいけません。

フカラ手術

フカラ手術とは、重度の近視に対して水晶体自体を除去してしまうというものです。

近年のレーシックなどが主流になる以前の屈折異常の矯正手術ですので、リスクが高く合併症例も多いため、現在ではほとんど行われていません。

インタックス

インタックスはイントラ角膜リング・円錐角膜リングとも呼ばれていますが、角膜内に弓型のアクリルを挿入することで角膜の形状を変え近視や乱視を矯正する手術です。

レーシックでは効果が得られない人にとっては最も効果的な矯正法だと言えるでしょう。

しかし、デメリットもあり、非常に難しい手術であるため施術を行っている病院の数が少ないことと費用が高めな点が挙げられます。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.