レーシックHOME > 副作用や合併症

副作用や合併症

レーシックは外科手術のなかでも最も安全だといわれていますが、まれに副作用や合併症が発生してしまいます。

次に挙げるものは、報告されている副作用や合併症のなかでも起こる確率の高いものです。一つずつ詳しくみていきましょう。

目の構造

サンプルイメージ

ドライアイ

ドライアイはよく耳にする人も多いと思いますが、涙の量が減り目が乾いてしまうことをいいます。

レーシックの手術後には感染症を抑える点眼安を使用するのですが、このことによって涙の分泌が減ってしまうのです。

通常は術後1〜3ヶ月ほどで症状は治りますが、その後も回復しないこともあります。

ドライアイは通常、涙成分が入った点眼薬や軟膏で治ります。

コンタクトレンズを長期間使用していた人ほど内皮細胞が減少している可能性が高く、レーシックの手術後にドライアイを訴える人が多いといわれています。

にじみ

一般的には「ハロ現象」と呼ばれているもので、目を強くこすったあとのように明るい光の周りがぼんやりともやがかかったように見えてしまうものです。

レーシックの手術が終わった直後から自覚する人もいますが、たいていの場合1年以内には改善されます。

夜間の瞳孔が大きい人や重度の近視の人には起こりやすいと考えられています。

結膜下出血

結膜下出血とは、結膜部分が内出血してしまうことですが、レーシックの手術ではフラップを作成するときに、角膜を吸引して固定させます。

とくに目がいろいろな方向へ動いてしまう人には吸引力をあげて強く固定しなければならないため、出血しやすくなってしまいます。

この結膜下出血は視力には関係なく、数日で完治します。

乱視

通常レーシックの手術では、レーザーを当てるときに目が動かないように固定するのですが、固定していてもずれてしまうことがあり、ずれたままレーザーを照射してしまうと乱視が起こることがあります。

白濁化

この白濁化は「エピセリウムイングロース」とも呼ばれますが、上皮細胞がフラップの密着面で増殖することで、角膜の周辺が白っぽく濁ってしまうことがあります。

発生する確率はとても低いのですが、万が一発生してしまうとフラップ部分を洗浄して上皮細胞を除去しなければなりません。

視力低下

レーシックの手術後、一時的に遠視の症状が現れることがあります。近視が強ければその分遠視の症状が強く現れることが多く、最終的には裸眼視力が回復します。

しかし、まれにそのまま遠視が残ることがあり再手術が必要となることがありますが、すぐに施術できないため、1年ほど間を置いてから再手術となります。

フラップ形成不全

通常のレーシックの手術では、フラップ作成は執刀医の技術にかかっているのですが、経験があまりない未熟な医師が行うと位置がずれたり、中央部が薄くなってしまったり、フラップを切り離してしまったりしてしまうことがあります。これに対してすべてコンピューターで制御するエピレーシックではこの問題は起こりません。

角膜潰瘍・感染症

角膜潰瘍や感染症は、角膜の上皮が完全に癒着するまでの間に細菌が入り発生します。手術の後に適切な処置をすることでほぼ防げるといわれていますが、万が一起こっても早めに治療をすれば、短期間で完治します。この角膜潰瘍や感染症は清潔な病院を選ぶことで未然に防げるものですので、病院選びは真剣に行いましょう。

角膜拡張症

角膜拡張症とは、角膜が前に拡張する珍しいものですが、レーシックの手術で角膜に長時間レーザーを当て過ぎると、眼圧によって角膜拡張症が発生します。

めったに起こることはありませんが、発生すると大変重篤です。

サハラ砂漠シンドローム

サハラ砂漠シンドロームとは、レーシック手術の後のフラップ部分に原因不明の混濁や斑点が発生するものです。

また、角膜にはサハラ砂漠シンドローム独特のゆがみが生じ、遠視や乱視を伴うこともあります。

一度症状が出ると完治までには時間がかかり、フラップの洗浄が必要となります。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.