レーシックHOME > 目の仕組みについて

目の構造

私たちが普段何気なく使っている目はとても大切で、急に目が見えなくなったら普通に生活することさえ困難になってしまうでしょう。では、目はどんな構造になっているのでしょうか?

目は様々な組織や神経が組み合わさって最終的には映像として脳に送られるようになっています。目の構造はよくカメラにたとえられますので、たとえも交えながら一つ一つ分かりやすく説明していきましょう。

目の構造と断面図

毛様体

毛様体は虹彩、毛様体、脈絡膜の3つを合わせてブドウ膜と呼ばれています。

毛様体には毛様体筋という筋肉があり、それがあることによって水晶体の厚み を調節しピントを合せ、はっきりとした映像が見えるようになるのです。カメラでいうと、ピントを合わせるためのズームの代わりをしています。

また、毛様体から毛様体小帯という繊維が出ており、水晶体を支えているのです。

網膜(もうまく)

網膜はカメラの構造でいうとフィルムのような役割で、受け取った光の強さや色の度合いなどの情報を視神経から脳へ送るという大切な組織です。

網膜は厚さ0.3mm〜0.4mmのとても薄い膜ですが10層からできており、視力に最も関係が深いといわれる中心の部分は黄褐色に見えるため、黄斑部と呼ばれています。

瞳孔(どうこう)

瞳孔とは、虹彩の中心にある黒い部分をいいます。虹彩の筋肉の働きによって大きくなったり小さくなったりして、網膜に入る光の量を調節する働きをするのです。カメラでいうと、光の量を調節する絞りと同じ役割です。

一般的には明るい場所では瞳孔が小さくなり、暗い場所では瞳孔が大きくなります。

虹彩(こうさい)

虹彩とは瞳孔の周りのドーナッツ状に色のついた部分のことです。日本人は黒に近い茶色ですが、人種によって多くの色が存在します。

瞳孔の大きさを調整して網膜に入る光の量を調節しますので、瞳孔と同じくカメラの絞りの働きをするものです。

この虹彩の模様は一人一人違い、同じ人物であっても右目と左目の模様まで違うことが分かっており、虹彩認証と呼ばれる識別法が考えられ、実用化に向けて研究がすすめられています。

角膜(かくまく)

角膜とは厚さ約1mmの薄い膜ですが、眼球の一番前にある透明の膜をいいます。カメラでいうとレンズを守る保護ガラスといったところでしょうか。

角膜はボーマン膜をはじめとする5つの層からできており、表面は涙で保護されています。光が角膜を通過するときに光が屈折して眼球の内部まで光が届く仕組みになっているので、一番前にある角膜がわずかに混濁したり変形するだけで、視力が低下してしまうことがあります。

レーシックではこの角膜表層部をレーザーで削り、屈折力を変化させることで失った視力を取り戻すことができるのです!

水晶体(すいしょうたい)

水晶体は厚さ4mm、直径9mmの組織で、カメラでいうレンズの役割をしています。

無色透明で凸レンズのような形状をしており、水晶体自体が厚みを変えることで映像のピントが合う仕組みになっています。この水晶体は、毛様体小帯によって支えられています。

クリニック情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 Lasik Site.All rights reserved.