狭心症の症状・治療・予防法について解説しています。是非お役に立ててください。

狭心症は、心臓の血管の病気です。心臓自体は心筋と言われる筋肉で出来ており、この心筋い栄養補給を行なっている血管を冠動脈と呼びます。冠動脈は大動脈から心臓に左右2本に枝分かれして、心臓を包み込んだ形で分布しています。 左右それぞれ、左冠動脈、右冠動脈と呼びますが、狭心症は、左右どちらかの冠動脈が、生活習慣や老化によるコレステロールや中性脂肪が血管内に溜まる事が原因で、動脈硬化や血管が詰まり、血流が心臓の組織に行き渡らない血流傷害の状態を言います。 狭心症が原因となって、心筋梗塞やその他の虚血性心疾患と呼ばれる、最悪の場合は死亡する恐れのある疾病に進行する、恐ろしい病気で、発症した場合は、緊急な処置が必要とされ、一刻の猶予も許されません。



おすすめ情報ー 今すぐできる!!国民健康保険料の激減マニュアル!!他人事なんて思っていませんか?

New Topics

Contents Guide

狭心症の概要と原因

狭心症は、心臓の血管の病気です。心臓自体は心筋と言われる筋肉で出来ており、

 狭心症の発作と症状

狭心症と肩こりは、一見関係がないように思われますが、狭心症患者の多くは、胸部の痛みなどの発作に限らず、左肩の肩こりを訴える人が多く、

狭心症の予防

狭心症は動脈硬化が主な原因とされ、色々な検査方法や治療方法で、以前よりは治癒する事も多くなりましたが、

狭心症の病院

狭心症が軽度であり、血中の中性脂肪やコレステロ-ル値がそれほど高くない場合は、十分に薬剤治療だけでも、狭心症の改善や

狭心症の種類

労作性狭心症は、ゴルフや階段の上り下りなど、急に運動をした場合に起こる狭心症で、暖かい室内から、寒い屋外に出た場合などにもおきます。

狭心症の診断

狭心症の診断で難しい点は、発作時以外に明確な症状が分からないことで、問診によっては、正確な症状の詳細を伝える事が必須となります。

狭心症の治療

狭心症の発作が起きたときの、応急処置は何より安静にし、動かないことです。ニトログリセリンやニトロールなどの、

狭心症の予後のケア

狭心症などの重篤なケースの場合、動脈硬化が進行して、コレステロールなど出来た脂質の塊をプラークといいますか、


What's new

2007年11月03日  生活習慣の改善  

2007年11月08日  狭心症の治療  

2007年12月01日  狭心症の診断  

2008年06月11日  記事追加  UPDATED