詳細はこちら>> 

自然に出したいなら我慢して下さい こたえは3日後・・・

何を試してもダメだった人たちが薦める
噂の『北の大地の天然オリゴ糖』がウケてる理由
毎朝ドドっと出てくるこたえがココに・・・ → 詳細はこちら>  

目次

スポンサーサイト

マッサージで便秘解消

お風呂の中で便秘マッサージ

お風呂の中で便秘マッサージ

バスタイムは便秘解消のマッサージに絶好の場所です。ぬるめのお湯でじっくりと半身浴をしながら、バスタブの中でお腹をふくらませたりへこませたり、といった腹筋運動をします。しばらくすると汗がじんわり湧き出てきますよ。

次に温水シャワーを3分、冷水シャワーを10秒、これを腹部に交互にかけます。バスタブの中での腹筋運動と温冷交代でのシャワーマッサージ、この方法はとても効果的なのでぜひお試し下さい。次に熱めのシャワーを腹部にあてながら「の」の字をかくように腹部をさすりマッサージをします。

ぬるめのお湯で半身浴をしながらのマッサージが終わったら最後に追い炊きでお湯の温度を上げましょう。5分ほどつかり体がホカホカになったら上がります。便秘の解消には水分の補給がかかせません、入浴後に冷たいお水を飲みましょう。

リンパを刺激!腸もみマッサージ

おなかのリンパを刺激して、便秘を解消するマッサージです。寝る前に横になってやるといいです。まず両手の親指以外の4本指で、おへそから時計回りにだんだん円を大きくしながらマッサージしていきます。おなかの右下まで円を描くように。次は、おなかをゆっくり腸の流れに沿って押していきます。

まずは、おなかの右下あたりから、押し込むようにマッサージしていきます。次におなかの右下から徐々に、右上の角に向かって、両手で押し込むようにしながらマッサージしていきます。そしておなかの右上の角から、左上の角に向かって両手で押し込むようにマッサージしていきます。

息を吐きながら、おなかの左上の角から左下に向かって両手で押し込むようにマッサージしていきます。両手の親指をおへその上に当てて、手で三角形をつくるようにおなかに当てて、時計回りにマッサージします。呼吸は押しながら吐いて、離すときに吸いましょう。

アロマで便秘解消マッサージ

便秘の原因に最も多いのが「冷え性」。この冷え性が原因で便秘の方には体を温めるアロマオイルを使ったお腹のマッサージをおすすめします。血行や消化器の働きを活発にするアロマオイルは「ブラックペッパー」や「ジンジャー」、「ローズマリー」などです。

しかし少々刺激のあるオイルですので、お使いになるときは専門家に相談されることをおすすめします。マッサージする時は右回りに、手で円を描きます。マッサージに加えて、深い呼吸をすると冷え症や便秘改善におすすめです。お風呂上りに行うと心地よい睡眠へと導いてくれます。

便秘が解消されると、吹き出物や肌荒れも改善されることが多いので一石二鳥!アロマオイルでリラックス効果も期待できそうです。週に2、3回ほど続けてみましょう。

宿便マッサージ

宿便マッサージ

お腹をマッサージすることで腸に直接刺激を与え、活動を活発化させるとともに、腸内にたまった宿便を取り除くことができます。簡単にできる、宿便をとるのに効果的なマッサージを紹介しましょう。まず仰向けに寝ます。お腹の周りを時計回りに円を描くようにゆっくりとマッサージします。

このときのポイントはあまり強くならないことです。なでる程度に優しく20回ほど行いましょう。次に両手を重ねて、指先に少し力を入れて小腸のあるおへそ周りを時計回り順番に押していきます。押しながら指先を移動させましょう。これを2、3周ほど行います。硬いところがあったら宿便の可能性があります。硬いところを重点的に押してみましょう。軽く痛みを感じる程度に行いましょう。


座ってマッサージ

椅子などに座った状態でマッサージしてください。ウエストの一番くびれた部分を、親指の先で体の中心に向かってゆっくりと強く押していきます。同じところを、今度は親指でゆっくりと回すようにマッサージしていきます。体の側面を両手でつかむようにして、肋骨に沿って後ろから前へ上から下へ押さえます。親指をメインに使ってマッサージしましょう。

痛みを感じる人、感じない人など個人差はありますが、はじめから無理はせず慣れてから力を加えましょう。押さえるときは指先で。便秘がちなとき、お腹の下の方にガスがたまって苦しいときにはトイレに座ってマッサージしてみてください。個人差はありますが、このマッサージでスッキリ出ることもあります。