詳細はこちら>> 

自然に出したいなら我慢して下さい こたえは3日後・・・

何を試してもダメだった人たちが薦める
噂の『北の大地の天然オリゴ糖』がウケてる理由
毎朝ドドっと出てくるこたえがココに・・・ → 詳細はこちら>  

目次

スポンサーサイト

便秘障害の様々なケース

排便のパターン

最近は、大抵の女性も職業をもつようなり、以前に比べて一家の主婦でさえも、その生活リズムはかなり違ったものになってきています。このように、職業の違いなどによる生活のリズムの変化は、いきおい便秘のパターンをも変えざれるをえないことになります。

生理的見地からみて、1日における排便のタイミングは、朝の朝食がもっとも好ましいということは、以前にもかなり強調して述べました。そのことに関しては訂正することはないのですが、特殊な職業の人では、朝の排便時間がとれない人もたくさんいるわけです。

そういう人たちのためのは、その人がもっとも適した時間帯を選んで排便するという独自の排便パターンをもつべきです。

食生活を見直す

快便づくりの条件の項でも述べたように、いい便をつくるためには、快便の材料が十分に仕込まれていることが大切です。いい便づくりには、十分量の水分と食物繊維が取り込まれいなくてはなりません。それによってはじめて、適度に練り上げていい便ができあがるわけです。

カロリーメイトだけでお座成りの食事を摂っているような人には、絶対に快便などはありえないのです。便意は何度も述べたように、「排便しなさい」という、いわば神からの警告のようなものです。これを無視して我慢を重ねていると、直腸の中にたくさんの便がたまってきても、便意を感じなくなってしまいます。

その結果、反射による自然の排便機能もおこらなくなり、直腸性の便秘の状態におちいることになります。鉄は熱いうちに打てという諺通りに、便意のあるうちに便所に行く習慣を忘れてはなりません。

排便のための時間は十分にとる

排便のための時間とは、たとえば朝排便する習慣の人では、朝おきてから食事をして排便するための時間のトータルをいうべきでしょう。つまり、ベットからおきることによって起立大腸反射が出現して、排便のための準備が開始され、さらに、朝食によって大腸運動が加速され、最終的には便意の発現から排便行為で終了することになるからです。

この一連の作業が途中で中断されると、十分な排便ができないまま、残った便は翌日にもち越され、直腸性の便秘へと移行することになります。また、朝の時間的余裕が少なくて、排便量が不十分であれば、通勤電車の中など予期せぬ場所で強力な便意に襲われ、思わぬ不覚をとって、したたかにおむらしという悲しい現象を招くことがあります。