詳細はこちら>> 

自然に出したいなら我慢して下さい こたえは3日後・・・

何を試してもダメだった人たちが薦める
噂の『北の大地の天然オリゴ糖』がウケてる理由
毎朝ドドっと出てくるこたえがココに・・・ → 詳細はこちら>  

目次

スポンサーサイト

合併症

便秘による病気

便の塊が直腸の下端にはまり込んだ状態の便秘はお年寄りに多いといいましたが、このように大きな便の塊が腸の中にはまり込んだ状態では、いろいろな合併症をおこしてきます。腸管が完全に閉塞されると腸閉塞の状態になりますし、硬い便が腸の内側の壁を圧迫するようになると腸粘膜に潰瘍ができて出血したり、穴があいて穿孔をおこしたりするようになります。

直腸の下に便がはまり込んだ状態では、便秘しているのに下痢便を出すという、一見矛盾した現象をおこすことがあります。この現象は、直腸にはまり込んでいる便よりも口側に移動してきた下痢状の便が粘膜を刺激して腸の運動を高め、はまり込んでいる硬い便のすき間から流れ落ちるというしくみなのです。

直腸性の便秘

直腸性の便秘では、もう一つ重要な合併症をおこすことがあります。それは、イボ痔に代表される一連の痔の疾患がそれです。硬い便が直腸壁を圧迫しますと、肛門から流れてくる静脈血の流れがせき止められてうっ血状態にしますので、イボ痔、脱肛、キレ痔などがおこりやすくなるのです。

また、便秘のために硬い便を出そうとして、息めば息むほど痔は悪化する傾向がありますので、この悪循環を繰り返す限り痔は治らないことになります。こうしてみると、痔は便秘の落とし子といってもいいかもしれません。便秘がからだに悪い理由として、どうしても忘れてはならない問題がもう1つあります。

それは便秘と大腸癌の関係です。消化管の癌は、内容物が長く接触する場所に発生する頻度が高くなるという傾向があります。

発癌性

食べた食物の中に何らかの機転である種の発癌物質ができたとしますと、この物質と接触する時間が長い場所、つまり内容物が淀みやすい部位に癌は発生しやすいということになります。実際、内容物の停滞しやすい胃や大腸は、流れの速い十二指腸や小腸に比べて、癌の発生頻度が桁違いに高いという事実があります。

最近の研究では、小腸で吸収できなかった脂肪酸が大腸に移行し、それが腸内細菌とくに悪玉菌の働きを受けて発癌にかかわっているという説が有力視されます。それを裏づける事実として、最近、欧米並みに脂肪を多く摂るようになって、日本人の大腸癌の発生頻度は高くなってきています。

便秘は、このような発癌性をもった便を大腸粘膜に長く接触されるわけですから、癌発性の犯人とはいわないまでもその共犯者といってもかまいません。


ここまで、便秘がからだにどれほど悪いかについての多くの理由を申し立ててきましたが、もう1つだけ追加しておきたいことがあります。それは、便秘に対して行われる下剤や浣腸の乱用からくる障害についてであります。強いい下剤を反復して服用したり、浣腸が頻回に乱用されるようになると、からだが脱水状態におちいったり、体液の中の電解質のバランスがくずれるなどの障害が出てきます。

頑固な便秘に対しては、下痢や浣腸はやむをえない治療法ではありますが、習慣性にならないように注意する必要があります。ここまで言えば理解していただけると思いますが、たかが便秘とあなどってはいけません。この項は、「たかが便秘されど便秘」という深みのある言葉で結んでおきましょう。