詳細はこちら>> 

自然に出したいなら我慢して下さい こたえは3日後・・・

何を試してもダメだった人たちが薦める
噂の『北の大地の天然オリゴ糖』がウケてる理由
毎朝ドドっと出てくるこたえがココに・・・ → 詳細はこちら>  

目次

スポンサーサイト

排便の構造

排便のメカニズム

大抵の人は、朝済ます排便を終わらせ、当日の仕事に入る習性を見につけていて、このサイクルがダメになると体が不調気味になることがあります。「一年の計は元旦にあり」という言われがありますが、最初の1日の事始めとしての朝の快便は、一日の気分を左右するに足る喜ぶことといえるでしょう。

これに異存をとなえる人は多分、いないと思います。こうゆうことから考えると、「一日の計は朝の排便にあり」といえましょう。それでは、朝の快便を調子をよさせる場合には、何に気をつけて、どのようなことに気をつけて、何の努力をすべきなのでしょうか。

その結論を出す前に、朝の排便にいたる機序から説明しておきましょう。我々が、朝目覚めた時、台所から味噌汁あるいはコーヒーなどの臭いがただよってくると、食欲が刺激されて、お腹が鳴るのを経験された方は多いと思います。

反射

次に、ベットからおきて立ち上がりますと、そのため、腸の運動が促され、大腸における排便の朝一番の輸送が開始されることがあります。しかし、この反射による腸運動は、まだ序の口の運動で、次に朝食を摂取することにより起こる反射は強力な腸運動を誘いますので、これを朝の排便に上手に結びつけるのが快便を生じさせる秘訣と考えて大丈夫です。

このような食事を摂取することによっておこる反射を、胃大腸反射と呼ばれています。この反射によって大腸運動が亢進されますと、大腸の中の便は直腸に向けて、一度に大量輸送されることになります。このような大腸の輸送運動を集団運動と呼ばれています。集団運動によって、直腸内に便がたまってきますと直腸の中の内庄が上昇してきます。

排便の心構え

大切な心得

ここで、便秘を避けるための大切な心得を述べましょう。それは、この便意を体切に育てて、最終的には排便行為までもっていく習性を見に付けておくことです。最もいけないのは、この便意を最後まで我慢し通すということです。朝の時間がないからといって、あるいは忙しいからといって、便意を我慢する習性をつけていると、便意そのものが消えます。

そしてその繰り返しが、やがて慢性便秘の状態を作り出すことになるのです。しかし、時間に追われて生活している現代人にとって、この習性を身につけることは、実は、簡単なようで、なかなか難しいことなのです。それは、この習性を満足させるためには、個人差はありますが、朝おきてから一時間程度の時間的余裕は十分に考えておきたいからです。


排便行為

便意は生理的排便の自然の兆しであり、したがって便意を感じたら、ときには我慢するとみせかけて焦らすのも一つの手段ではありますが、とどのつまりは、排便行為で完結させることが、便秘を抑えるうえでの最も基本的な考え方であるのを、もう一度強調して述べておきます。

さて、便意が高まってくると、いよいよ便所に入って俳便行為になることになりますが、便器に座って、まず、ウンチのでやすい体位は、両脚をつっぱって、膝と腰を比較的深く屈曲し、背筋を伸ばして便器に、跨った姿勢ということになります。

この姿勢をとることによって、直腸は伸展されて内部のウンチが下方に移動しやすくなるばかりでなく、さらに両足をつっぱることによって腹圧がかけやすくなり、肛門からの便排出が容易になります。


[体の機能]

「直腸にウンチが集合してくると、直腸の内圧が高まり、その刺激は脳や脊髄の中枢に伝達されますが、さらにそこから排便機能を司るからだの各部所に、今為すべきことの指令が送られてきます。その命令に従って排便行為がとどこうりなく行われるのですが、その主役を演じるのは、やはり肛門とその周辺部の筋肉郡ということになります。

この肛門と周辺の筋肉郡に命令を出すのは神経ですが、神経にはやりたいという意志の伝達できる体性神経と、意志とは無関係に自動的な調節を司る自律神経の二系統に大別されます。後者の自立神経は交換神経と副交感神経に分けられ、一方が締まれば一方は緩めるとうように相反する作用をもち、自動的にバランスがとれるようになっています。


「自律神経」

さて、排便行為に直接かかわっているのは、肛門とその周辺部の筋肉郡であると申しましたが、直腸の下端部に相当する部分である肛門を二重にとり囲んでいる筋肉の輪っかはとくに重要な役割を果たしています。上のほうの輪っかを内肛門括約筋のほうは、意志の力ではコントロールできないほうの神経、すなわち自律神経によって支配されています。

外肛門括約筋のほうは、意志の力に効く体性神経支配ですが、通常の状態でもやや緊張した状態をを維持して尿漏れを防止しています。排便のときはこの筋肉を意識的に緩めることにより、逆に、便のおもらしを積極的に我慢したい時にこれを締めることにより、それぞれの目的が達成できるように使い分けています。